山中記

津南。

b0079965_04344789.jpg

視察旅行で津南へ。
ええ水。

b0079965_04344795.jpg
役場の方に農業公社の取組みの話を聞きながら現地を見学。
苗場山の国営工事というので、
山だったところをがーっと均して高原化され、
リトル北海道みたいなところで園芸をされていた。
すべてにおいて0が二つくらい違う規模だったけど、公社職員は4名とのこと。

お話しされている後ろにずらっと続くユリの球根で1000万円。
反対側にはカゴメがジュースに加工するトマトがソバージュ栽培されており、
機械でがーっと刈り取られていくのだという。

「えー、ここはご存知の通り雪が柏崎よりも大変多く降って、
 毎年3メートルは積もってなかなか大変なんですよね。」
と役場のホサカさんが、
5メートルは降ってしまう石黒の父ちゃんがたに諭し違えていたが、
牛屋さんもあちこちに見られ、耕畜連携して土づくりされている様子や、
ひまわり畑もおそらくブロックローテーションの一つとして
回しながら農地を維持されていることなどが見てとれて、良い視察ルートだった。


b0079965_04344755.jpg


今春赴任された高柳農協のタダラ支店長がいろいろ段取りしてくれて、
最後に「なじょもん」に寄ったら、
思いの外大人たちにもおもしろく、まったく飽きなかった。
すごく熱いガイドの方の津南愛のある津南変遷トークも盛り上がっており、
(俺は時間帯的に眠くて眠くてどうしようもなかったので
 単独行動して手拭いやカモシカのはく製などを眺めていた)
帰りに「ザ・記念写真」という一枚も撮ってもらえた。

なじょもんといえば、長岡にまだおった頃に素敵なイベント(と写真)を目にして、
行ってみたいなあ、なじょもん」と想って以来、6年も過ぎていたのでした。
あのコンパクトな施設の手前にも奥にもけっこうな数の職員さんがいたので、
かなり力を入れているのだな、地域学がしっかりあって残るべくして残ったのだな、
やるなあ津南町、と目は半開きだったが、感心させられた。

視察は遠くなければ、たまには良い。
自分はバスに乗るとすごく眠く、足は窮屈に感じられて、
どうしても疲れてしまうので、視察参加は近場までと誓う四十の夏。




****************



[PR]
# by 907011 | 2017-07-30 04:48 | Trackback | Comments(0)

全国ロケット花火大会。

一昨日19時半、公民館2階集合。
盆行事に係る打ち合わせに参加。
行事打ち合わせは自分は特に仕事がなく、
よろず行事盛り上げ進行係のシゲルさんによろずのことをお任せし、
ガクとカタカナパズルなどで遊びながら、
何となく鉛筆を持ちながら、
ときに会計上どこか引き締められる無駄の重複はないか、
もっと盛大にこっちにお金かけても良いというような事柄はないか、
と聞き耳を立てる。

ヤマナカ・夏のボン祭り。
去年はスイカ割りが思いの外盛り上がり、
今夏はちょっと花火をしてみようやという運びになった。
「子は村の宝」と言われるのをありがたく体感しながら暮らしをさせてもらっている。

終わって一杯。
ちょうど柏崎ぎおん祭り(?)の夜で、花火の話題になり、
打ち合わせメンバーの一人・ヒコスケさんが
テレビでいま中継中の花火を録画してきたのだという話をしていた。

自分は花火に関しては期せずして超エリートな育ち方をしてきた。
産湯につかると同時に大曲の花火を高校生まで会場泊まり込みで見続けて育った。
新潟に来ていろんな花火大会を見て暮らせども、
大曲との差は歴然と感じたのは、贔屓目を差し引いても事実な気がする。
18歳以降の大曲花火はほとんど見てないので現状は分からないけど、
帰省するたびに大曲駅周辺はおそろしく花火一本で突き抜けようとしている感が凄い。

そんな18歳の頃。
「大曲の花火がテレビでやってらっけがら。」と母親がある日、
新潟で一人暮らしを始めた自分のアパートにビデオテープを送ってきた。

生きて暮しておれば、
たいがい自分の嫌な予感、悪い予想などというのは、結果的にはすぐ裏切られ、
何かしら発見やら驚きやらがあってまた生き伸びていくわけですが、
その時、一人アパートにて、
(母親が「花火、見だが?」と催促の電話をしてくるのに根負けして)
いっこうに気が向かないままにビデオを再生した。
6発くらい「ひゅーん・・・どーん。」というのを見て、しばし沈黙したあと、
「でしょうね。」
と独りツッコミを入れたくらいに、
静かかつ予定調和以外なにものでもない花火中継の録画を
なお数週間を経てから、一人で見るには自分はまだ若過ぎた。

そんなトゥヤングな頃を思い出しては、
腰をさすりながら朝の草刈りへ。
トゥマッチ過ぎる、草。
6時半から公民館で上納(今月の区費徴収)の日。
おそらく「悪人の形相」みたいな顔になって金勘定をした後、農協に入金し、
9時のバスに飛び乗り夕方まで津南の山の農業視察物見遊山大懇親会旅行へゆく。







***********************



[PR]
# by 907011 | 2017-07-28 04:21 | Trackback | Comments(0)

後の先。

草刈り、排水、穂肥え。豆播種と移植。どくだみ茶。
と唱えながら津南型農業の視察、上納、8月も会議等の兼業時間も多い。

後手後手からの巻き返しショー。
幕開けは季節ごとにたびたびされてるのですが、
このたびも遅々としながら Show must go on.




***************


[PR]
# by 907011 | 2017-07-27 07:02 | Trackback | Comments(0)