山中記

春山、春木。



百姓に学ぶ「大地の学校」第2弾

「春山、春木(ぼい切り)学習」
~高柳の師匠と山に入り、「春山」の技術を教えてもらう実践活動~

「春山(はるやま)」「春木(はるき)」は、
山から切り出したままの薪材を表す言葉だそうです。
雪がまだ残る山に入り、木を切り、運び出します。
その太さ、用途によって、
わっつぁば、柴、ぼいなどと呼ばれ、それぞれに活用されます。
切り出した木は「ニオ」をつくり、乾燥させます。



※日時、参加費
平成24年4月7日(土)8:30集合 
大雨以外、雨天決行
 まさかの大雪のため本日決行できず。

参加費1000円

※日程
8:30  荻ノ島集落センター集合
      作業現場へ移動、徒歩15分程度
9:00  春山、木、枝の説明
10:00 おもに立木伐採、玉切り
12:00 野外炊飯
     各自弁当持ちですが、山でおつけ(汁)をつくります
     (雨天の場合、集落センターへ)
13:00 ぼい切り(柴刈り)
15:30 作業終了

残ったものは8日に片付ける
ニオづくりとニオだしも、時期を見ながら計画中


※服装
雨具、手袋、長靴、作業着(たぶん汚れます)

※持ち物
昼ごはん、かんじき
のこぎり、こしなた(あれば)


※あがり酒
16:30~18:30 あがり酒交流会
荻ノ島かやぶきの里にて(あがり酒会費2000円)


※一般のご参加希望者は先着10名までにつき、要予約でお願いします。
(問合せ/申込み 高柳町の地域振興課まで ℡0257-41-2241)

主催:高柳町・じょんのびツーリズムの会

[PR]
by 907011 | 2012-04-07 09:12 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsunagou.exblog.jp/tb/18067023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]