山中記

水無月。

2時頃目覚めてゴソゴソしだして、
①4時~8時くらい
②9時~13時くらい
③15時~19時くらい
と、飯休みと昼寝を挟んで12時間動いていることが判明。
一人でやると一服をしないので、昼寝がすごく大切。
年寄りが昼寝をする意味がこの頃ひじょうによく分かってきた。
昼寝から明けると、身体が再びよく動く。

あと、「雪の多い年は、夏によく身体が動く」のだそう。
道理で。
昨冬に毎日雪に鍛えてもらったので俄然体力がついてるのを実感してます。
あとは酒量を減らせば完璧なのですが、ニンゲン何事も完璧とはいかないので割愛。

b0079965_3573129.jpg

先日床を入れ替えて、鶏たちさらに元気。黄金色。
もう少しもみ殻を投入したい。

あとはすみやかに雄鶏を間引くことができればいいのだけど今年はどうだろう。




b0079965_3572341.jpg

田んぼの一角にちょうど良い三角地帯があったので、
先日夢の森で教えてもらったキーホールガーデンを「こうか?こんな感じか?」と造成。
ヒトが入って作業できるようにデザインされたパーマカルチャー由来の”鍵穴畑”だが、
数時間かけて小さなものを完成し、翌朝草を敷きながらよくよく眺め直してみたら、
散らかった古墳にしか見えない。
愛称こふん。
隣の田のゴスケに怪しまれないといいんだけど。



b0079965_3575672.jpg

作業例。
小さいながら田んぼ行ったついでにいろいろ植えたり、まいたりしはじめてます。
ミントを増やして、畦の草にしたい予定。

古墳で遊ぶクイック(雄、去年9月19日生まれ)。なんとも味わい深いネーミングである。
「墓穴を掘ったな」と話しかけてみる朝5時。

 * * *

(作業日誌)

昨日。
田んぼの周りを、てらてら(郷里の方言か、伊藤家固有の言葉らしい)っと草刈り。
古墳に水菜など植えて、うちの畑の世話して朝飯。

草刈り機借りて、村道と藤吉小屋の草刈りをして、村道の草は鶏の遊び場と畑に敷いた。
ソウジロのとこに行って「藤吉豆」(山中在来の晩生豆)をもらい、育苗箱にまいた。2枚、250粒くらい。
なぜか毎年恒例で、今年も豆を蒔きながら「イチローってよく200本もヒット打てるなあ」などと考えていると、
なぜか「鉄人・衣笠 祥雄」が必ずリンクして出てくる。テツジンキヌガサ。

昼寝してから、トラクタ借りて上塚(上、下)と藤吉家持(下屋敷)を打つ。
コンクリの破片に時々苦戦する。
難しい顔をして走っていたら、バンキチとマツミヤの父ちゃんにすごくニヤニヤしながら手を振られた。
小さいながら使わせてもらっている、山に点在する畑7、8枚くらい?、今年は全部埋まりそう。
夕方、ピヨ彦を連れて、青豆と黒豆を50本ずつくらい植える。
マツミヤの父ちゃんとしばらく話す。またいろいろ教えてもらった。


もみじが8の字にくるくるくるくると動き回っていて、
暑さで何かのネジが一つ飛んでしまったか可哀そうにと思ったら、
蜂か何か飛んで逃げ回っている虫を飛んでいるままに捕食した。
もみじ、その恐るべし身体能力。
鶏ネットを何度も何度も越えて、時には崖を村道ごと飛び越えて、下のゴンパチの畑でふんぞり返るもみじ。
末恐ろしい。




b0079965_3574242.jpg

初期の育苗につかっていた半日陰スペースも開墾した。
池が隣にある湿気地で土の状態があまり良くないので、
土壌改良しながら、昨日からしばらくもみじと名古屋とに醸してもらう。2交代制チキントラクター。


ほぼ日手帳やめて、3年日記とかにするのが百姓仕事には有効なようだ。
[PR]
by 907011 | 2012-06-15 03:36 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsunagou.exblog.jp/tb/18434494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]