山中記

昨日のホソダ君。

b0079965_621174.jpg

山中研修生ホソダヒロキ(浩貴)君、昨日も頑張ってもらいました。
細かい田んぼと書いて細田。
山中にふさわしい名字ではないですかお客さん。

b0079965_6232073.jpg

昼ごはんをまたまたマサコさんにご馳走になり(イトー家も押し掛け、岳も食わせてもらう)、
昼寝後に2時間ほど月ヨメに行き、
俺の田んぼの畔際を軽く草刈りしたのを集めて山にしてもらった。

山中における昼寝時間の重要性をよく言って聞かせてあるので、
今回一カ月間という短いインターンではありますが、
山中の暮らし体験として、昼休みは14時まで2時間を基本にしております。
自炊して食べて一時間は昼寝する。
眠くなくても床に転がってうだうだする、山中時間を大切にということで。
初日に13時半から挨拶周りをしたらだいたい皆さん寝ていたし。

 * * *

山にしてもらった草は鶏の放し飼い空間に播き散らしたり、山積みにして、
再来年くらいの肥料に使いたいという狙い。
山の草と鶏ふんと、クズ米と野菜の残さでできる床が肥やしになっていく。

山中の田畑と鶏と自分らの生活(残さ)と土とでもって、
分かりやすい(目に見えやすい)循環を描きたいという構想があります。
生産と消費、どっちか一方をチクチク言うのでは足りないと思ったので、
双方の間にある垣根を低くして見える化した上で、あらためて両者を見つめ考えたい。

複雑な考えは捨てて、より単純化したい。
寄せ集めた理屈をこねくり回して四の五の言うよりも、
その時間を単純化にあてがって、目に見えやすいことがしたい。

山中の時間と空間、
百姓の先人たちの知恵に謙虚に耳を澄ませば、
おそらくそれで進んで行けるような気がしてます。
無計画根拠無しニンゲンという自分の本性はいつまで経っても変わらないながら、
でも、争わず競わず肯定する選択肢をできるだけ取るようにすれば、
何事にも根本的に貧弱な自分であろうが何であろうが肯定が廻り回って来るものだと
自分の心身を通していま感じてます。

怒りも争いも連鎖して伝播する。
イライラをイライラで伝播するのは面白くないので、
イライラをほんの少しのユーモアに変換する試行錯誤を続けて居たい。
のらりくらりしたブラックボックスみたいな小さな変換器になりたいなあと思います。

b0079965_62615.jpg

昨夜、細田浩貴君を歓迎する会。
夜の開催だったけど多くの方にご参加いただき、
またたくさんの差し入れや寄付をいただいてしまいました。
自分はなぜ山中に来たのかを語るホソダ君。

草刈り後、じょんのび村に行って炭焼きグリル(ドラム缶を切った型の)を借り、
盛大に炭を起こし、焼き物を焼きまくる。
子どもたち大活躍。
b0079965_62775.jpg

夜の火は良い。
柏崎に帰るべく通りかかった”ごすけ”の孫たちも、
母ちゃん父ちゃんと審議の結果、もう一泊山中で遊んで帰ることになり、
うちの岳もまた皆さんに可愛がってもらえた。
そして火の前には熱血炎の男・イトーマサノリさん(先輩移住者の伊藤家主・じょんのび村勤務)が
常に火の番をし、適確かつ熱く子どもらの火遊びを指揮してくれていた。
(その後深夜まで子どもらとWiiでカラオケを熱唱し続け、1時前に母ちゃんに叱られたらしい)

b0079965_6271161.jpg

隣りの”りぜもち”のオテさんを見送りに出るホソダ幹事長。
”りぜもち”という屋号は正しくは”りざえもん家持”、もはや原形を留めぬ略されっぷり。
ホソダ君には名前、屋号もなるべく覚えてもらうよう、
山中マップに仕入れた情報を書きこんでもらってます。
山中時間/空間(今昔の山中の暮らし)の記録を成果物にまとめて報告することが一カ月後の彼のミッションとなっています。
なので一月後はその報告会&慰労会(主催:山中から「適疎」を考える会)が予定され、
また速やかかつ盛大に火遊びが企画されております。

b0079965_6263017.jpg

お盆に生まれた「山中の歌」がヘビーローテーションされ、
カワシマンもギター持参して大活躍し、山中の人らにもその才を認められるところと成りました。
素敵な歌すぎて「ふゆはゆきーのなかー」って最後は一部有志で合唱しました。熱唱だった。

すごーく良い夜でした。
やったねえホソダ君。探し出してくれてありがとう。

*************************
[PR]
by 907011 | 2014-08-31 07:14 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsunagou.exblog.jp/tb/23283441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]