山中記

M-1。

”田こしゃい”、あと1枚。
来村して2週間の日々を濃厚に農耕に従事してくれているジョージさんと、
代かき後に、面白くない高低差があると、
本能的に”ふかぐら”(角材)にロープを付けておもむろに田に入り、
「ふんがー」と引っ張りまくるお義父さまと、
田植え自体に、田植えの準備(田こしゃい)が追い越されそうなワタシの3人スクランブル態勢を組んで、
とうとう田こしゃいもマジック1。
(田植えはあと18枚くらいですが、田植え機素早いのであまりカウントに含めていない。
 ノーカウント。手植えもあるし。)

 * * *

未明~日没近くまで、まさしく魔法(マジック?)のような怒涛のような数日間だった。
とりわけ、助っ人・ジョージの活躍は刺激的ですらあり、
貪欲に山の田んぼの基礎・技術を吸収するのみならず、
山の暮らし、生き方、精神、人と自分との距離感まで、
わずか2週間で彼は自分自身に投資するかのように、
向上心高く、「研修生」として努めてくれている。
それは、明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学んで吸収しているという姿勢だと思う。
ジョージさんの礼儀作法は自ずとそこからちゃんと関係性をつくれているのだ、
・・・とワタシは(密かに)推察する。

昨日なども、普通に軽トラと草刈り機等を預かって、
ジョージさんにはヲクサで単独田こしゃい仕上げ作業を任せ、
俺はバイクでツキヨメ沢の方に行って御義父さんとこっちは2人組で田植えを開始させてもらった。

畦なりに弓なり植えに集中して「水の中の人」と成って水面を見続けているワタシが、
ふと気づいたら、もう、ヲクサの田こしゃいを始末したジョージ氏がツキヨメに再度合流して、
田植えの”てこ”をしてもらっており、御義父さまはよそで自由活動に回っているという、
超素早い連携で農耕作業を、早いパス回しのサッカーみたいに回してもらった。
(俺はその間ずっと田植え機の上の人となっていたので、
 陸で2人がどういう引き継ぎ話をしながら、”てこ”をスイッチして入れ替わったのやらわからず。)

夜は座学。
みっちり入念に、気合を入れ直して、今日の振り返りと明日以降の報・連・相。
多少の酒をたしなみながら。
(家人は毎晩酒肴をつくり、洗い物をしてもらっており、
 でも時に一緒にジョージさんを囲んで一杯やっていて、ちょうど良いバランスに感謝しております)

「個人農家」としての受入れだから、ここまで濃密にできている、というのを感じる。
そこに農業をやってみたい青年(「緑年」とワタシは呼んでいる)が来て、
いわば勝手に湧いてやって来てくれて、勝手に手伝いながら学んでくれている。
受け入れる個人農家としての俺も、勝手よく援農してもらい、
その代わりに、伝えられること、自分が経験したこと、見聞きして考えてきたこと、悩んだこと、
「これはまだ考えの途中だけど」とか「俺の考えだから偏った情報の一つだと思ってね」といいながら、
表現できることについては、ほぼその時々に思いつくままに話している。

おそらくの私的な感触ですが、
なぜにここまで濃厚な、
受入れ側も受け入れられる緑年側にもこうした山の暮らしの時間を共有できているのか考えると、
(たぶん今が農繁期であるというのも大きいけど)、
多分に、山中にやってきた(受け入れられる)側の向上心や農業に対するどん欲さ、
しかも副産物として毎晩のように火を焚いて見つめながら酒を呑み、話し、考えるという、
暮らしの時間に対して、「好きだなあ」とか「たまんねえなあ」「しびれるったない」という、
その辺の感情が湧いているからだ、なんてジョージさんを見ていると、ごく自然にそう映る。

とにかく、自分にしては珍しいくらいに、人とよく話しをする今春。
元来、喉の声帯が弱い(人と話をしないから)だろうから、
今春はやたらとのど飴ばかり食っている。のど飴くいながらジョージさんと会話をし続けている。

最近はよく軽トラのなかで「今のこれこれこういう話は、すごく腑に落ちるよね」みたいなことを話す。
「腑に落ちる」か否か。
学ぶことは真似ること。真似るためには真に腑に落ちているかどうかがはかられると思う。

教えることは学ぶことよりも、はるかに難しい。
新鮮な春だ。

 * * *

人を笑わせるということは、人を涙させることよりも、はるかに難しい。


<先輩に聞いた話。同じ会社にいた、とってもダンディで
 声も渋いおじさまがお昼時間、自分の席でお弁当を
 食べようとして、割り箸を割った瞬間に電話が鳴った。
 割り箸を持ったままおじさまは電話をとり、
 とても渋い声で、「いただきます」と言ったそうです。
 (ほぼ日手帳にあった「『今日の言いまつがい』より」より)>









***********************
[PR]
by 907011 | 2016-05-13 04:47 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsunagou.exblog.jp/tb/25790794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]