山中記

経て。

昔、社内で『経られる前に経ろ!』の「経てー」が流行り続けたことがある。

しかし、ワタシもだいぶ経たなあ。


b0079965_07285550.jpg
2月某日。
グルグルハウスのイマイさんサイトウさんオーサワ君と
小学校のワカツキ先生が、「シンセサイザー高柳組曲」の下見に
富山から6時間を経てやって来られた音楽家・タキザワさんを連れて、
山中までいらっしゃった。
(詳細は上記「シンセサイザー高柳組曲」にあります。
 ワタシも歳をとりまして、すでに30代でもなく、
 かといってばりばりでもないんですが。)

山中の話を見たり、集落を眺めたいという話を
以前よりグルグルさんからお願いを経ていたので、
山中や高柳の春夏秋冬語り部係のうちの一人として、
”じんべ”のカズオさんと、語れない方の係として俺、
そして、公民館で絶賛体調不調中のカワシマさんにも来てもらって、
山中の今昔や、カワシマンが山中に移住して、
2年ほど前に作詞作曲した「山中の歌」を披露してしばし懇談を経た。

口惜しいのは、カワシマさんがまさにここというタイミングで
風邪をひき、喉まで絶不調だったことだったけど、
頑張って2つ歌ったりして、なかなか良いアンバイだった。
その後、集落を(全貌はできないけど)見下ろせるいちばん天頂まで経て行って、
道中もいろんな話を交換し合った。

冬の山中で雪はまだあるし、とりわけ我らは「交流」とか、
「見どころ」という言葉に一歩距離を置きながら暮しているので、
若干不安だったものの、大所帯でわらわらと歩けて、
まあこんなところです、という冬のイメージは何となく経ていただけたと思う。

タキザワさんはプロの音楽家としてのみならず、
じつはドローンの使い手でもあり、
ワカツキ先生から後日教えていただいた、
数々の動画を見聞きして、その映像と曲の綺麗なことにたまげた。

最近、ワタシは事務仕事の間、ずっとその曲たちをBGMとして経ている。
(たまに、イサオさんの秋田探究熱が高まり、
 「なんも大学」にあったなまはげについて等のメールをもらったりしたので、
 「秋田県民歌」なども経る。)

そんな某日を経て。

b0079965_07291047.jpg
雪まつりも経た。
湯気の後ろで、ライスカレーも経た。


b0079965_07291353.jpg

メンバー強化が著しい、山中・笹団子の母ちゃんたちが
今年は自前出店して、カレーライスではなく、「ライスカレーなのだ。」と、
熱く主張するライスカレーを湯気の向こうで、経つづけた。


b0079965_07290159.jpg

前夜はイサオさんやノリオカ父ちゃんなどと、主にドリンクを経て、
翌本祭は山﨑農舎のヤマさんやその弟分のコータ君と主にドリンクを経て、
じゃれている間に、まつりは経られていた。

・・という写真整理。


「問題はね、経つづけられるかどうかなんだよ」。







***************







[PR]
by 907011 | 2017-03-19 08:03 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsunagou.exblog.jp/tb/26728392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]