山中記

春祭。

b0079965_04010460.jpg
山中の春祭の朝。
6時に出、神社に朝の参拝にゆくとすでに5,6人社の中で盛り上がっていた。
神事にあたり狛犬と化したフミエが
神社の大杉の根っこの穴でケモノ探しもしてくれていた。
狛犬相棒、随時募集中。

ガクは「保育園休んで祭りに出よう」と甘い誘惑をされながら、
太鼓の外側の「かっかっかっか」という部分を入念に叩いていた。

b0079965_03495209.jpg

4時半に水を切りはじめ、
8時、筋をまく。
b0079965_04010532.jpg

106枚の苗箱ができた。
祭の日にがつがつ働いて良いものかどうか、
筋まきをしながらふと気付いてしまった。
まあ休めといわれたにせよ、
どの道、天気見ながらの仕事が続くので誰も休まないだろう。

 * * *

剱(剣)神社で清けき春祭。
矢代神官さんに祝詞をあげてもらう。
毎春、毎秋にやりながらも、玉串の奉納が毎度覚えれずにいて、
終わって直会(なおらい)の際に地酒を飲みながら、
いつも玉串のやり方についてレクチャーを受ける。

神事では真ん中の次に、神様の左(向かって右)側が右より重んじられており、
はじめに神官さんが真ん中に玉串を置くので、
二番目の俺は向かって右に置く。・・・ところを左に置いた今春。
秋にまた読み返そう。

マサオさんは山中最後の語り部でもあり、
直会の際に話していた「お稲荷さまは狐が神様ではない」という
(神官さんとの)話しは勉強になった。
「お稲荷さん=油揚げ=キツネの神」という構図で
もはや四十まで生きてきてしまったので衝撃的だった。
(「狐は狛犬と同じ神の使いという位置づけです」と神官さんが補足してくれていた。)
やや疲れた身体に昼酒と祭礼の話とブナの芽吹きがよく染みた。


b0079965_04010402.jpg

直会後、もろもろ撤収作業をして、
区長は現在廃村になったかつての村田一族の集落・岩野へ。
岩野に「諏訪さま」の小さな祠が残されているので、
落とし板を外して掃除をして、幣束を新しくする。

毎年8月27日に”ごすけ”の故・スミばさが来ていたけど、
今夏は誰も参らなくなるだろうか。
秋祭の際にふたたび板を落としに来る。

神事を終えて帰路、軽トラの荷台に小さめのウドが4本転がっていた。
b0079965_04010474.jpg
夕方。
自分の本職の方の田んぼの本拠地・月ヨメ沢を巡視。
これまでと違う雪と山崖の崩れ方で木が倒れ、堰を止めていた。

奥の田にも沢をまたいで残雪が橋になって、
崩れた山の土砂枝と田んぼをつないでいて、
しばらく片付けでまた時間を食うなあと考えあぐねていたら、
奥から”さんしょ”が現れて、「俺の田はまだ2,3メートル雪だった。」と
にかっと笑って言った。


b0079965_03584772.jpg


神頼み、完璧。
明日あたりから6月まで今年もどっぷりと農繫期(怒涛の春編)に突入する。







*******************


[PR]
by 907011 | 2017-04-22 07:05 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsunagou.exblog.jp/tb/26805936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]