山中記

三遍まわって煙草にしょ。

5月はやたらと「会」が多い。
半月に10個くらい”○○会”の会議、会合があり、
多い日には午前、午後、夜と3種が続く日もある。
出る顔ぶれはだいたい同じ。だいたい友達。

優先順位をつけるという判断が、自分は人一倍鈍く、下手だ。
なので、さまざまな場面で失敗をする。
安請け合いをして、自分のやるべきことができなくなって暮らしに支障を出したり、
請け合ったこと自体もやっぱり手が回らなくなってしまったり、
失敗には事欠かない半生だ。もうすでに半生なのに。

優先順位をつけること、
より端的に言えば、断るべき話しは断った方が、
相談してきた側もされた側も、
中長期的に考えれば損しないよねということかもしれない。
人の受け売りだけど、
「断ることに理由を言う必要はない。」という言葉に、考えさせられた。

その時期時期に本当にさまざまにその”理由”はある。
頼みごとに来る人は、(自分もそうだけど)
「この人に頼もう。」とだいたいの当てをつけて、やってくる。

ただ、断る側は、多くのそういう場面において、
手が空いてるわけではなくて、
必ずや片手にすでに乗っていた予定と天秤にかけることになる。
優先順位をつけることは、「はかる」ということだ言い換えられる。
自分の計りはなぜにそこまで難しく、よく狂いがちなのかと考えると、
天秤には重さの数値という明確な判断基準がある一方で、
個々の「はかり」には、定まった基準はなく、
その時々によって判断の仕様は変動的だから、だろう。

セガレができて、考え直させられる場面がたくさんある。
はかり方も少し変ったり、少しだけぶれづらくなったかもしれない。
(振れ幅の”遊び”がなくなったとも言えるかもしれない)

暮らし、農業、気候風土を優先して、時間を使えるようになりたい。
20代半ばの頃にあった(おそらくあったはず)、
自己顕示欲とかを多分に含んだ「働きたいんだ」という欲の時期と同じように、
いまは、「暮らしたいんだ」欲が強いとも感じる。

コシイブキの田植えも、コシヒカリの田植えも始まる。
時期的にだいぶ前から頼まれていた(結局、請けてる)朝仕事に6時から出て、
田植えに迫られながら、代をかいていかねば植えるもんも植えられない、
という毎春繰り返される構図。


b0079965_04120304.jpg

いろいろ逆算しながら、
次の秋から翌春までの段取りを考えねばならない場面が増えてきた。
春のこの打ち方や水や苗との相関図だとだいぶ入り組み乱れた関係になってしまってるので、
秋に稲刈と乾燥調整などと並行しながら
代かきして冬季湛水までの田んぼづくりが必須だなあという結論に至る。
そのための補助金(8000円/反)も集落のやれる耕作者で取りにゆく。
我らは今春、「エコファーマー」になります。たぶん。

とりあえず、水をよく見てこねば。







****************


[PR]
by 907011 | 2017-05-11 05:07 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsunagou.exblog.jp/tb/26848206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]