山中記

H29年産米、完売御礼。

29年産の慣行栽培コシヒカリ(除草剤のみ使用してます)、
今年もおかげさまで完売できました。
ありがとうございました。

先日用事の帰りに立ち寄った某ドラッグストアにて売られていた
「新潟県産コシヒカリ」が自分のコメよりも高値で、瞳孔が一瞬開きました。

米を買って食べるという暮らしの習慣がなくなったので、
世の米の値段(他所の集落も含めて)がわからないですが、
一袋ずつでも買っていただいたり、
実際山中まで足を運んでもらうことで、
自分が七転八倒している山の田んぼの一枚ずつがどうにか下手くそなりに持続されています。

手渡しできるということは嬉しいことなので、
中長期的な理想としてはそのくらい小さな規模の農家でありたい。
某店のレジで目にしたあのブレンド米を見て、そんなことを思いました。

茶碗一杯、一食ごとに、農山村も「流通」も、持続可能性を手探りし直すことができると
本気で自分は信じています。

 * * *

それにしても、稲刈り後のこの時期の「マーケット」の動きは激しい。
今回は、ある晩(すでに布団に入っていた)に
大量に米の契約をされている大元締めから電話を受けて、
おかげでうちの余りかけていた米も出る運びとなったけど、
半分寝ぼけながら数字をよく確認しないで「とにかくこのオファーには乗らねば。」と急ぎ返答し、
翌朝にフタを開けてみたら、阿呆なことに自分ん家で食う米も数字上「残り0」になっていた。

来年も継続的に確約されないのがこの「マーケット」の怖いところなので、
来季は来季でまた収穫しながら、
最終的に米がいくつ余るんだかどうなるんだか、頭を悩ますのでしょう。

自分のいつまでたっても乏しい営業力のせいで、
毎秋ごとに、積まれた米袋を前にして、
「アルビレクッス新潟のJ1残留問題」とほぼ同じような心境になります。

気力・体力・経験いずれも最低限のボーダーライン上にある自分は、
あとは祈るのみ。
わからないから、祈る。

b0079965_07020857.jpg
10月19日、秋祭の朝。
5つの供物のうち地(土)の恵みとして、
マツナエ”きんべえ”家の畑から紅白の大根を、
あわせて山からの恵みとして渋抜き中の柿もいただいた。
米はうちから奉納させていただいた。


b0079965_07020823.jpg


祝詞があげられ、ありがたく神事が終わり、
海の恵みとして奉納されたスルメをストーブであぶり、
ありがたくお神酒をいただく。

スルメと米。
海と山とで物々交換ができれば嬉しいよなあとまた流通を想う。



b0079965_07020779.jpg


無農薬無化学肥料の方の『山中米』はいまだはさがけ中。
台風が来る。
一部予約をいただき、
11月3日の高柳のイベントで3つ4つ並ぶ(2㎏¥1600)予定ですが、
今年はとにかく我が家の主食用米になります。

  *

平成30年の米づくりがはじまる。

先着順に予約表を作成してますので、
友人知人隣り近所お誘い合わせの上、
一袋からでも「30年産米を」とお早目の予約をいただければ幸いです。
今後も山中の米をご贔屓によろしくお願います。


はさに台風のつっかえ棒をしていない。



***********************


[PR]
by 907011 | 2017-10-21 07:38 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsunagou.exblog.jp/tb/27449679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]