山中記

2017年 10月 11日 ( 1 )

「山中米」。

今年も稲刈りにほぼ一カ月ほどかかった。
自分ちの乾燥機が壊れてダメになり、
特にここ一週間くらいは心を折りつつも稲を刈ったりしながら山に籠った。

今日から最後に「山中米」を刈って、
はさにかけさえすればとりあえず「刈ること」は完了する。
かけさえすれば。



b0079965_06364979.jpg



今季の山中米はうちのアホウ鶏の鶏ふんをほとんどまけなかったので、
ほぼわらともみ殻と米ヌカと冬に燃やした薪ストーブ灰で育ってもらった。
稲そのものの育つ力に毎年魅せられる。

田んぼ作業のなかで一番好きなのが、田の草を手でとる時間。
だた、はさがけがどうにも稲刈りの最後に回ってしまって、
秋作業と都合が合わせられず、かんばしくない。








***************






[PR]
by 907011 | 2017-10-11 06:43 | Trackback | Comments(0)