山中記

<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

自分の父性。

b0079965_6421666.jpg


自分のやりたいことと、やらねばならぬこととの狭間で厭世的な夜。
ぐったりして帰ってきた先週火曜日。
抱卵期で預かっていたウコッケイがひなをかえしました(実母は別)。
母鶏の世話係から一転、お父さんとなる。
毎日が是、父鶏参観。

お父さんは忙しい。
昼は完熟発酵化された農協の鶏ふんを畑に正しく振りまき、
仕事の前後、お昼休みは未熟な鶏ふんを掃き清めたり、ご飯をあげたり。

堆肥づくりというのは奥深く、
欲張ったところで難しそうということがよくわかる。
でも、この鶏ふんのもとになっている餌、
大部分、自分も食べている野菜の切れっぱしだとか、
毎日どんな物を食べているかがほぼ把握(鶏用の飼料が少しあるので)できているので、
安心感のようなものがすごく強い。

ニンゲンの暮らしは多様で複雑で便利すぎて
それだけに混沌としているけど、
鶏や虫を見ていれば、
もっとわかりやすくもっと身近に循環について考えることができる。

持続可能な農業とは。

「人間のすることの一切は不要なことである」という切り口の、
自然農法の権化のような方の本を読んでは、
前を向いても後ろを向いても自問自答を繰り返したこの冬。
雪がとけて土が出て草が生えだして、やっと春。
頭と身体が暖まりはじめて、理論は常に現実に従う。
出来事や存在があって、言葉はその後にある。


朝晩、鶏たちを外に出す。
スギナをときどき喜んで食べる。
鎌で草刈りをしているわきで、
たくましい足で土をほじくりかえしては、虫を捕食している。
外に出た瞬間にヒナにあらゆることを教えてあげる母鶏、強し。
カラスや蛇やその他四足の生き物などが気になるものの、
一緒に外に出られると、草刈りが楽しくすすむ。

b0079965_7211481.jpg


裏の竹林に生えた筍、たぶん40本くらい採れた。
雨後の筍ってのは本当にすごい勢い。
同じく裏で採られたフキを、炊いたご飯に混ぜて食べる昨日。
数歩で採られた食材に、フードマイレージ的なことを思い、
突然、「どーだ。文句あるか」と椎名誠風に、
鶏たちに逆上気味になるお昼。
お茶をすすりながら、
米も自分でつくりたいものだなあとあらためて思う。


自分なりに去年から、
家庭菜園向け不耕起・無肥料栽培の実験をしてみて、
自分で自分の食べ物をつくるということは、
とても時間のかかることだと気付いた。

シンプルなものほど、その分時間がかかるのだと思う。
便利な生活に慣れた心身には一見、矛盾する言葉のようだけど、
でも、シンプルなものほど、時間はかかる。

無肥料栽培の流れで、
興味津津に試してみた自家採種。
市販の種から次世代を残そうとしても、
9割くらいが奇形になってしまうらしいし、
組み合わすべき化学肥料を施さないと上手に育たないといわれている。
自分なりの、その土なりの在来種・固定種をつくろうとしたら、
3,4年繰り返してやっといけるかどうかがわかるらしい。
一年一作。
種についてはまた次回。
[PR]
by 907011 | 2010-05-26 07:42 | Trackback | Comments(6)

告知。

仕事のところの告知
5月はいろんな行楽が重なりますが、都合が合えばぜひ田植えでも。

①ながおか田植えまつり
 5月23日(日)10時半~14時ころ
 田植え、サツマイモ植えなど(9月の稲刈りの時にサツマイモ収穫できます)
 参加料:200円、小学生以下100円
 ※泥にまみれる用意だけして当日ふらりとお越しください
長岡市政だより5月号(PDF)


②親子で食・農まるごと体験教室参加者募集中
 (なぜか担当となり、なかなかのダメっぷりを発揮すると思います)

スケジュール
1 5/22(土)13:30~16:00
開校、棚田で田植え、落花生の種まき
2 6/20(日)13:30~16:00
食の器作り(作陶)、田んぼの生き物探し、落花生の植え付け
3 7/18(日)13:30~16:30
段ボールで手作り燻製、稲の観察、旬野菜もぎとり体験
4 8/22(日)9:00~16:30
ソーセージ作り、食の器作り(楽焼き)、稲の観察、落花生の観察、旬野菜もぎとり体験
5 9/25(土)13:30~16:30
稲刈り、旬野菜もぎとり体験
6 10/10(日)13:30~16:30
うどん作り、旬野菜もぎとり体験
7 11/14(日)13:30~16:30
落花生の収穫 小口味噌作り
8 12/5(日)13:30~16:30
ミニ門松づくり、閉校
※期日、時間ともに変更する場合があります。

対象と定員:年長児~小学生の親子10組(先着)
参加料:1組3,000円(体験指導料など)
    ※食の教室材料費、もぎ取り野菜、棚田で収穫したお米の代金等
     実費はその都度徴収します。
申込締切:5月15日(土曜日)まで
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/sangyou/green/oyako/join.html




おととい枝豆2000本定植
7月ころからもぎ取りできます、是非
枝豆は私的に最高の野菜だと思います
PM4:30、突然「鉄人衣笠、2000本安打達成」とつぶやく

昨日ネギ2、3000本(もうろうとしてすごいアバウト)定植
土寄せ、葉かきなどを経て秋に売ります
今年は秋の野菜も高いんだろうか
PM2:00、「森田一義アワー」の歌が発作的に頭にわいて離れなくなる


春の心身リセット
おそらく自分の身体のどこかにあるはずの、自分じゃ押せないボタン探り

今日はキャベツ植えてきます。
[PR]
by 907011 | 2010-05-02 07:10 | Trackback | Comments(6)