山中記

<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

種のことをこの頃ずーっと考えている。

朝からブヨに唇を刺された。
鶏たちを放しながら少しだけ草刈り。
家の周り、畑、どこもかしこも草の背が高い。
どうやら一日二日で片付く問題ではないなあ、と頭をかきながら立ち尽くす。
夏草や。

稲は夏草。麦は冬草。
稲刈りを迎えるこの時期なので、
ほかの夏草の多くも結実して、
やってやるぜー的に種をぐんぐん膨らませている。



なぜか学生時代の先輩(♂)が中世的な方(♂)と同居生活を始める、
というよくわからない夢で、ヒトの俺は4時頃目覚めましたが、
鶏のひなは今朝も元気よく育っています。
b0079965_8591699.jpg



育ての親(血は繋がってない)のウコは偉いもので、
餌があるとまず普段と違う鳴き声でひなをくちばしの近くに呼んで、
細かく砕きながら食べ方を教えます。

ニンゲンのお父さんとして多少の面倒を見ながら、
ヒトとしていまだ「子」の世代側にいる自分は、
えらく感心しながらその様をただ眺めるばかり。


b0079965_834311.jpg



昨日は大根の種を採った。
自分で種とってもまともな野菜ができないぞと笑われながらもこそこそと、
去年初めて種採りをしたトマト、ゴーヤ、オクラあたりは、
すでに見事に次の世代への種を継ぐことができた。
トウモロコシは全部タヌキに食べられてしまったものの、
キュウリ、モロヘイヤ、ピーマン、春菊なども種採りできそう。


不耕起・無肥料。
そのための準備と実験と観察。
たぶんこの先10年くらいはそんな時間になるのだと思います。


無肥料で自分の野菜をつくりたいと想って、
そこで考えさせられることは二つ。
一つは、目に見えない土の中のこと。
微生物や虫や草の根っこ、その死骸も含めて土の中で起こることを見えないながらも考え続ける。
山や森を想像する。
耕さない、施さない。
持ち出さず、持ち込まない。


で、もう一つが種を継ぐこと。

<一般に市販されている種子は、
 交配されているもの(F1品種)がほとんどで
 野菜がつくりやすく、収量や形も安定しているなどの利点があります。

 その反面、このF1品種から自家採種をしても
 発芽率が低かったり、生育が不安定だったりと、
 ”一代限り”で次の種を買い換える方が無難なようにできているのも事実です。


 しかし、自然農での土づくりと同じように、
 作物においても、その畑で育ったものから繰り返し種をとることで、
 その土壌環境や気候風土により適した作物がつくられていくといわれます。

 無農薬・不施肥を実践するためには、
 この自家採種と土づくりを並行することが理想的といえるでしょう。 >
(去年、報告用につくったブログより)


既存の畑の土を無肥料栽培に移行させるには、
5年あるいは10年かかるともいわれている。

それなら、土だけではなくて、野菜もまた歩み寄りができたらいいなあと思って。

肥料を施してはじめて健常に育つように交配されたF1種に対して、
種を継ぐことでその土、環境に適した野菜が時間をかけて育っていく実験。
来年たかだが3代目。
そう考えるとそこらの草の移ろいから学ぶことは多い。


 * * *


大根の種をとったついで(?)に、
タクアンを買ってきて、
昨夜は段ボール燻製で「いぶりがっこ」をつくってみた。
酒のつまみとしては優秀な出来だった。
故郷秋田の味。
b0079965_84852.jpg


ということで大根でもまいて、種をまた継いでいこうと思います。


時々はぼんやりと循環について考えたり、
虫や菌の多様性に圧倒されたり。
種のことを想うのは面白いし、尽きないのでオススメです。

昔の農家さんには代々継がれた種があったそうです。
「わたしの野菜」はわたしの畑でつくられるもの。
家庭菜園が増えれば、農業も流通も自ずから淘汰され変わっていくと思います。
土のことを考えたり、種のことを想ったり、
わたしの畑が増え、わたしの野菜が当たり前になれば(=戻れば?)、
世界だって変わるんじゃないかと俺は半分以上本気で思ってます。
my種、バンザイ。


b0079965_842366.jpg





<ほんとうの考えと
 嘘の考えを
 分けることができれば

 その実験の方法さえ
 決まれば>
 (吉本隆明)
[PR]
by 907011 | 2010-08-31 08:56 | Trackback | Comments(2)

無題

「あつい」と言った後に、あわてて「あったかい」と言い直す、
矯正の夏。

今年はいちだんと燃えるお天道様。
やるやるとは聞いていたが、まさかこれほどのものとは。


月1開催の「親子で食・農まるごと体験教室」を先週日曜に行った。
今回は、ソーセージづくりと器づくりをまるごと体験。

器は登り窯を使わず、楽焼きというやり方を用いてつくられた。
2か月前の教室で土をこねて形にするという体験をまるごと行い、
そのまま乾燥期間にまるごと入り、
先月に800℃くらいの素焼きをまるごとした。
結果、俺のどんぶりだけが割れて焼き上がる。見本。
「昨今のワタシの心持ち」といったところを見事にカタチにした奇跡的作品。


今回はその素焼きされた器の続きをまるごと。
朝に模様を付けてから釉薬でコーティングしてもらい、昼に焼き、夕には器と成った。

b0079965_6404550.jpg


スフィンクスの謎かけ的に楽焼が進む一方でまるごとソーセージづくり。
この夏唯一?、冷房の下で仕事ができた。
ふだんは半日なのだけどソーセージの燻製もあって、今回は終日。
参加・協力の皆さんお疲れ様でした。

8月の山場を終えて、ヘロヘロになり、
「俺もう何もしない、できない、したくない」という3原則の状態になり、
「もうビールしか飲めない。ビール飲むくらいしか俺もうできない」と帰宅。


帰ったらウコが今月1日づけで抱卵していた卵にひびが入っていて、
酔っぱらいながら観察していたら夜中に生まれた。

b0079965_712953.jpg



お盆に恩人サトーさんが飲みに来てくれたり、
奇跡のリンゴの木村さんの講演を聞きに行ったり、
いろいろあったけども、身体が記憶しているのはとにかく炎天下。
羽毛に包まれた鶏たちもみんな口をあけて暮らしてます。


どの仕事をするにも大変だろうけど、外仕事はやっぱり直にきます。
道路工事なんかのヒトたちはさらにきついだろうなあと、
自分よりも過酷なガテン系のヒトたちを想うものの、1分経つと醒める。

一服の時の水分取り過ぎ。
その場しのぎに冷たいものを欲する身体と、その後を想う頭とのねじれ。相変わらず懲りず。
有事に備えたがる身体。平時だと想いたがる頭。
こころはまだ身体に近くて、
これがまた過ごしやすい気候になればしれっと立ち位置をずらすと思う。


期待や想像以上に、もしくはあまりに一方的にエネルギーを注がれると、
その太陽を直視できない。
ヒトモノデキゴト、みんなそうかもしれない。

「いつも静かにそばにいるっていうことはそういうことなのかもしれない。」と書いたのが去年の涼しげな七夕の月
太陽、ものすごいエネルギーだなあとあらためて感心。

風呂場に午後の陽が射していたので、
安焼酎のでっかい容器に水を入れて置いておいたらお湯がつくれた。エコ。

半袖を着ると逆に日差しで消耗が激しいので、
長袖をできるだけ着て腕を隠すようにしてます。
そんな仕事着もそれぞれ生地と色に微妙な違いを感じては、
肌を重ね着するようにシャツを選ぶ。
衣食住の衣もじつに大切。

身体はおもしろいもので、昼に浴びて蓄えられた熱が、
夜寝ようとすると一気に放熱される。
難儀。
裏の成願寺川からの風と音にだいぶ疲れを癒される、まだ夏。
陽にさらされた腕、長靴はいてずっと地面に接している足先がやっぱり暑い。いや、あったかい。
[PR]
by 907011 | 2010-08-29 07:39 | Trackback | Comments(2)

神遊び。

b0079965_5532729.jpg

週末は集落の夏祭りだった。
成願寺には1つの神社と2つのお寺がある。
その十二神社の祭礼。

土曜朝5時。
夜に神楽舞が奉納される舞台づくりのため公民館裏の会場に集合。
小屋から年季の入った柱や板が次々に運び出される。

柱にはほぞとほぞ穴(凸と凹)が大きく刻まれていて、
それぞれを組み合わせながら柱が立ち上がる。
丸穴に棒を刺して栓を留めたり、
補強のためのツカに板が通され、といった具合に
金物をなるべく使わず伝統的に組み上がっていく過程に興奮。
想像以上の大舞台がどーんと出来上がっていた。

作業に出てきた男衆はご年輩の方も少なくないんだけど、
時々あーでもないこーでもないと記憶を遡りながら、
しかしみんな朝から圧倒的に生き生きしていて素敵だなあと思った。
昨秋の山形国際ドキュメンタリー映画祭で観た『ほんがら』を彷彿させられた。


 * * *


その後、俺は仕事のために7時くらいに一時帰宅して、
炎天下で夕方まで蕎麦畑(翌日蕎麦蒔きの講座があった)の石拾いをして
ヘロヘロになってふたたび一時帰宅。
風呂に入って前夜祭の宵の宮へ。

公民館裏で久しぶりに成年部(青年部ではなく成年部)の方々と会い、
準備を手伝う素振りをしながらビールに手を伸ばす。
(そういえば成年部の打ち合わせの連絡が来た時も、会長に電話口で
「イトーさん、ビール飲み放題ですからね、へへへ」としきりに繰り返された)


当夜の一応の役割として、神楽舞の舞台裏でお手伝い。
神楽奉納の御花代、御祝儀を預かり、記帳する係をハルオさんに教わりながらする。
ハルオさんは長岡の飲み屋街・殿町から婿さんでやって来たという。
しばらく殿町と酒の話しなどする。

「祭りの夜は焼きそばを喰うワタシ」的な単純明快なイメージで空きっ腹のままのぞんだら、
どうやらそんな模様ではなく、
「ご飯食べてこなかったの?」とハルオさんが少し残念そうな顔を浮かべた。

多いとも少ないともいえない葛藤の末に、
今の自分にできる最大限の努力をしようと思い、
チューハイをつまみにビールを飲む、という逆転の発想のもとに変なスイッチが入り酒をあおり続けたら、
記帳がひと段落した頃合いからいとも簡単に記憶を飛ばす。
ブラックアウト。


 * * *


初めての神楽舞は圧巻だった。
意識があるうちに眺めたのは舞台裏からだったのでよく見えなかったものの、
動と静とが混じった舞に圧倒された。
この辺では成願寺を含む3つの集落くらいでしか神楽は舞われないそうだ。


神楽の元々の形は、招魂・鎮魂・魂振に伴う神遊びからきているという。
祭りの根源にある祈り。
舞を演じるということ。

ヒトは日常において、じつに多様な顔を演じて生きている、と思う。
仕事の時間、家庭での時間、一人の時間。
生きるとは演じることだ、というような文章を大学生の時に
ワダサトシ君がバド(ミントン)部誌につづっていて、
それはいまだに印象的なままで、まさしくそうだよなあとちょくちょく思い出している。

神遊びが奉納されるということもまた、
ヒトが派手な衣装や面その他もろもろを身にまとい、
扮装することで日常の固有の「あの人」から変幻して成立する表現なのだろう。

伝統的な衣装や作法や儀礼は、
現状の自分を「いったん棚に置いといて、話を先に進ませて」というための道具で、
化粧もまた同列だと思う。

公民館の裏手によっこらせとこしらえた舞台は、
俗世の時間と祈りの時間との境界を視覚化した空間、かもしれない。


 * * *


長岡野菜の「かぐらなんばん」は、
神楽のお面(獅子)にその形が似ているところから名付けられたという。
類似品側(なんばん)を知ってから、本人側(かぐら)に出会うという逆輸入車パターン。

でも、これに限った話しでもないなあと思って。
日常自分の目に映り、耳に入ってくる情報の受け入れは、
ほとんどがこのパターンの相似形だと思う。
本質とは違うところで知ったと錯覚してしまう。
「知ってる知ってる」と余計に伝播しようと出しゃばる。


誰かが言っていた、
「未経験は、無知だ」。


 * * *


そんなことを思ったり思わなかったりするうちに、
深く静かに酔いは進み、神人一体の宴が終わった。
いや、正確には終わっていた。
(祭りが終わる頃には「イトーさんが居ない」と成年部の方に捜索してもらい、
 どこかで見つかって家にかつがれた、という様子を
 翌朝の子ども神輿の付き添いをしながら知った。)

b0079965_554491.jpg


裏の川から寝床に入る風を冷たく感じるようになって、
夏の時間が少しだけ緩やかになってきた。


月曜朝5時。
公民館裏に再び集まり、役割を終えた舞台が解体された。



「未経験は、無知だ」が静かに頭の上にぐるぐるととぐろを巻いている。






*************





[PR]
by 907011 | 2010-08-13 05:18 | Trackback | Comments(2)