山中記

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日。

風邪なんだか何だか寝不足なままうつらうつらしながら
鶏の朝鳴きと雷雨の音を聞く、節目の未明。

年度末な今日に、
次年度の契約更新をしない形で、
明日から引っ越し月間がはじまります。
ということで、今日が最後の出勤。

一年越しになってしまったけど、
かねてから是非とも一緒に仕事をしたいと想っていた農業若者・オダさんが
晴れて自分の後がまとしてあぐらってで働くことになり、
つかの間、同僚としての貴重な一週間を楽しませてもらいました。

コミュニケーション能力が秀逸している彼女は、
明日から新体制となる職場にも新しい風を吹かせてくれるでしょう。頼もし。
引き続き、”あぐらって・オダ”をご贔屓に。

そんなこんなで、ここ数日は通常業務も軽減してもらえて、
親子の農業体験教室の企画をしたり、雪かきしたり温室をいったりきたり。
なんとなく雲の上から俯瞰しているような守護霊のような心持ち。

おとといくらい、ある天晴れな午後にデッキでコーヒーを飲んでしみじみと、
あぐらって及び東山はあらためて素晴らしい環境だなあと思った。
とにかく、静けさは最高の贅沢です。私的尺度ですが。

同時に、農業体験というものの可能性の大きさもあらためて感じていて、
それは遡ること2年半前に面接を受けた時と変わってないことに気付いたこの頃です。

これからは生活はもちろん、
たとえば種を一つ買うのにもいろいろ葛藤したりするのだと思うし、
悶絶の末に、お菓子売り場(?)の床で駄々っ子になることもありうる、
「34歳・無職」になるわけです。

去年はもう畑に出ていたのに今年はまだ全然雪が消えておらず、
引っ越しそのものもどうなることやら。
かんじきで年寄りたちが道を踏んで冬の生活をしている山中なので
車もまだ入れず、4月は雪かきに通って長岡~高柳をヒトと鶏たちは往復します。

あれをします、これがやりたいです、
と頭に描いていることは”理想”でしかなくて、
山は、土は、雪は、より厳しく、
人づきあいにおいても自分は弱いから自信もまだまだ振り子のように揺らぐでしょう。

目の前のことをすべて楽しむ、という芸当ができる性格ではない自分ではありますが、
自然にせよ、ヒトにせよ、ともかく闘わないというスタンスは持ち続けたいなあと思います。

まずは、居続けて根張ることに専念したいと思います。
何事も三年くらい経てば充実しだす、と根拠はないのに
そればかりは自分なりの経験則としてあるんです。

小さくても、一つでも。
良い報告を持って、
右往左往の道々でお世話になったヒトたちに再会することが
自分なりの恩返しだと想っています。

これまでのあちこち居候根なし草流浪人生で面倒みてくださった皆さんはもちろんですが、
特に今日のこの日ばかりは、
この2年半に出会ったヒトたち、可愛がってもらったヒトたちに感謝します。
有難うございました。


 * * *


今朝聴いた歌 奥田民生『無限の風』
[PR]
by 907011 | 2011-03-31 06:38 | Trackback | Comments(10)

もみお。




b0079965_1850618.jpg



「もみじ」という種のヒナたち6羽が(わりと発作的に)仲間入りした。

しばくこれまで黒いヒナたちラッシュだったので、
久しぶりの白いヒナがなんともかわゆい。
しかも、雛祭りの3月3日生まれ(長野出身)で覚えやすい。
耐寒性高く、卵もよく産む。

メス5羽、オス1羽だが、オス以外はあまり見分けつかず。
とりあえずこれから群れを率い、血統を継ぐべく、1羽まぎれているオスを『もみお』と名付ける。
もみおは身体がひときわ白く、尾っぽが特徴的だ。

鶏たち14羽。
秋には卵売りなどできるように試行錯誤していきたいと想います。



b0079965_18501643.jpg


そういう星のもとなのか、もみおは今日撮った写真に入ってなかった。






*****************



[PR]
by 907011 | 2011-03-21 18:35 | 携帯から。 | Trackback | Comments(2)

ぼんやり。



子どものころ。
どんなに落ち込んでいても、どんなに楽しい時間が続いても、
好きなともだちも先生も自分も、夜が来ればそれぞれの家に帰るんだなあと
ふと、さびしく思っていました。


「支援」のあり方はヒトそれぞれで、
一人ずつの信じているかたちがあって、最善手を尽くしているんだと思います。

この家にはテレビがなくて、ラジオをつけたりパソコンで地震の様子を見聞きして、
あらためて被害の大きさを知ることになりました。
実家のある秋田も直後から全県停電となり、
両親と兄は車中で夜を過ごしたとのことでした。


いつもと変わらぬ日常を過ごしてます。
予定されていたことを予定通りにしたり、お誘いいただいた話に乗っかってみたり。
日中は雪かきをしては休み休み本を読み、鶏を外で遊ばせて、それを眺める。
夜は四の五の言わずにさっさと布団へ。早寝早起きも特に変わらず。

でもなんとなくどことなく、暮らしの半分くらいがぼんやりとしています。
心も、時間もただぼんやりとしています。

「不謹慎」という言葉に過敏になっているのは、
情報があふれていることとつながりがあるのだと感じてます。

自分の、あるいは誰かの、感情の高ぶりが苦手なのは、
自分の弱さとも関係があると思うのですが、
家族の安否が確認できた時もどこかぼんやり。
知人はどこまでが知っている人なのか。
膨れ上がる死者・行方不明者数を目にすると
結局、「何も知らない」のだと自分にはね返ってきます。

かりに知ることはできてもわかることは難しい。
眉間にしわを寄せてテレビやパソコンを見て続報を網羅すること、伝言することをしないと
なんだかいけないような気分にさえなりがちです。
背徳感というのか、なにかがふっと押しつけてくる。
一人ひとりにとって本当に大切な情報はそう多くはないはずなんです。

地震の後に目にした文章。
 <考える順番として大事なのは、
  心配するあまりに、確保されている部分までも、
  疑いだしてしまうことだと思うのです。
  それを、パニックというのだと思います。>

被災地から離れた自分たちだからこそ、
感情の高ぶりだけに流されずに行動すること。
何が最優先事項か判断できていないような自分は、
たとえば、「節電」を訴えるその多方向的エネルギーの大きさを「不謹慎」と指さして、
「不謹慎」と叱られるのかもしれません。


ずっと鶏たちを見ていて感じていたことが一つあって、
それは依存していない生き方ということでした。
ヒトに養われてこそいるけれど、
太陽の光とともに暮らす鶏たちの方が自然の四季の変化に柔軟に対応しているなあと、
雪かきの合間に日光浴する鶏たちをぼんやり見てはっとするのでした。
「敏感」というのは、臆病とは違う。自分が合わせること。

草花を食べた鶏のふんが土に還り、四季が巡ってその土にまた草が生え花が咲き種をこぼす。
鶏たちの天性の自給自足を真似て、その相似形を野に描く。

身の丈にあった田んぼと畑をつくり、庭先に鶏を遊ばす。
たとえば、農的暮らしであればそんなかたちで、
豪儀な強い熱よりも、弱い熱をずっと永く。
そういう暖め方もあるのだと信じています。
持続可能な取り組みが増えれば、物流のためのエネルギーが省かれると思っています。
庭先養鶏が広がれば、
ゲージで鶏が採卵機として扱われるような企業養鶏がその分確実に減っていくはず。
家庭菜園もまた然り。

救出や復興という言葉が意味するものも、祈りのかたちも
またそれぞれにあるのだと思います。

明るい方へ、一歩ずつ進むことを祈ります。
[PR]
by 907011 | 2011-03-15 09:02 | Trackback | Comments(0)

ひなまつり。



b0079965_19251939.jpg














という「鶏日記」が、すでに津々浦々で書かれているんだろうなあ今日は。
今日は雛祭りでめでたいのでお父さんはビールを呑みますからね鶏たち。


秋田弁でいえば、ひなまづり。
正吉のじいちゃんが”へなまづる”と呼ばれていたのをふと思い出したので、
北の国からのDVDを見返す祭りにしていきたいな、とも思っています。
[PR]
by 907011 | 2011-03-03 19:31 | Trackback | Comments(0)