山中記

<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2014年の夏目漱石。

小泉八雲が講師をしていた東大(帝国大学)を去ったとき、
その後任が夏目漱石だった。

近代的個人主義の進展は、一方において利己主義や我執を生む。
漱石はイギリス留学を通して、
西欧の思想ではこれらを克服できないことを見抜いて、
この問題を生涯の課題にすることを決意した。
自分自身の頭で考えることが大切であると主張した漱石は八雲を尊敬していた。

東大で教え始めてから後に、
『吾輩は猫である』『坊っちゃん』など立て続けに作品を発表したが、
その中で、
「こんな小説は天地開闢(かいびゃく)以来類のないものです」と
自分でも絶賛したというのが『草枕』だった。

書きだしは有名な文句から始まる。
「角が立つ」「流される」「窮屈だ」の冒頭、ほんとうにまったくだ。
この一段くらいしか草枕について覚えている言葉はなかったけど、
この書き出しを読んでみるだけでも素晴らしい文章が続く。


山路を登りながら、かう考えた。
智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。
意地を通せば窮屈だ。兎角にこの世は住みにくい。

住みにくさが高じると、安いところへ引き越したくなる。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生まれて、画が出来る。

越す事のならぬ世が住みにくければ、
住みにくいところをどれほどか、寛容(くつろげ)て、
束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。
ここに詩人といふ天職が出来て、ここに画家といふ使命が降る。
あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、
人の心を豊かにするが故に尊(たっ)とい。

住みにくき世から、住みにくき煩ひを引き抜いて、
有り難い世界をまのあたりに写すのが詩である、画である。
(夏目漱石『草枕』)



去年十日町でもドキュメンタリーが上映されていたピアニストの、
グレン・グールドは『草枕』を30~40回と読み返したという。


 * * *


今朝は除雪も来ていたので、かんじき履いて道つけしてきます。
今日は一年ぶりくらいにスーツを着ねばならない。
ボーズ、ヒゲ、スーツ。(love&peace的な)
高柳の賀詞交歓会と消防団新年会で朝からけっこう飲むのだと思います。


==================================
[PR]
by 907011 | 2014-01-05 06:40 | Trackback | Comments(0)

『今夜、すべてのバーで』

ここ一カ月は、やたらめったら酒を飲んだ。
思っていたよりもう一回りくらい多かった。
酔ってない時間の方が長かったんじゃないかというくらいで、
この歳になってなお、とにかく飲み倒していたら年も越した。

昨日。
9時半から山中の共同年賀で公民館へ。
やはり今冬の戸数はがくっと減っていて16,7軒の集まりとなった。
雪の少ない正月だねえなどと話しつつ、すみやかに乾杯が唱和され、
ビールと日本酒の冷たいのと熱燗とを次々にめでたくいただく。
中盤に差し掛かるとカラオケが始まるものの、
歌わないので、ミカンをつまみながらさらに熱燗をあおる。

無事に帰宅したものの、昼から以降記憶がない。
結局、元日のうちの半日以上コタツで一人うめいていた。


どうして、こうも懲ずに、酔えば酔うほどにピッチが上がり、
「後のことは知らん」という破戒型の飲み方を繰り返すんだろう、ワタシ。

時々ふっと過去の残念な記憶がどーっと湧いて迫ってくるので、
そういった諸事情を再考察したいがためにまず飲むというのがある。
そして、そのうちに考察してもどうしようもないことに思えてきて、
酒量が増えたり、戒めを破ろうとしはじめる。


過去の記憶がどうも関係しているように思う、最近。
「許し難い」という感情。内向的に、自分に向かってくる感情。


b0079965_17282511.jpg



新年は、死んだ人をしのぶためにある、
心の優しいものが先に死ぬのはなぜか、
おのれだけが生き残っているのはなぜかと問うためだ、
でなければ、どうして朝から酒を飲んでいられる?
(中桐雅夫『きのうはあすに』)



年賀状は明日書こう。
[PR]
by 907011 | 2014-01-02 21:35 | Trackback | Comments(0)