山中記

なんもだぁー。

「高質な田舎」にてニッポンの未来を研修中。


b0079965_05394332.jpg



*******************


[PR]
# by 907011 | 2017-06-24 05:52 | Trackback | Comments(0)

浮揚。

b0079965_05095843.jpg
風の冷たい陽気がつづいていて、稲がなかなか太らない。

「えんま市が終わるまでは田植え」と念仏のように唱えながら、
水見の合間に植え直しで田に入っていた。
昨日は昨日で飽くことなく、
「えんま市の人もおそらくまだ片付けや精算をしているだろうから。」と
利己的推察をして、植えていた。

太らないといえば、
日~月曜日の24時間で2.5kg痩せていた。
単純計算で2日で5㎏、
我が子よ、あと3週間くらいするとお父さんは宙に浮いているかもしれないです。
(これから一週間くらい飲み食いが続くので、おおいに太ってくるけど。)

昨日から田の草取り2巡目。
草取りはまったくの夢中になれる時間だが、
今日の会議と明日からしばしの親孝行で中断。
朝から待望の雨粒が落ちてきた。





**************


[PR]
# by 907011 | 2017-06-21 04:09 | Trackback | Comments(0)

Professional farmers。

b0079965_04464840.jpg
花の金曜夜。
高柳町自立経営農業者会議の総会、滞りなく無事に終了。

一年前から事務局機能をなんとか「自立」させるという宿題をちょうだいし、
町事務所から徐々に自前でできるようにと進めつつ、
がしかし肝心なところで相変わらず半自立だったり非自立となって、
よろず相談事を持ち込まれてしまう”よろずのOさん”にいまだ頼りがち。

ともかくも総会後。速やかに入念な情報交換会へ移行し、
新規会員矢代コータ君挨拶の図。
「出身は東京農業大です。」という一言に、
一同全員が「おぉー!」と低く唸った。

この日もOさんはよろずごとの残業をしており、
会員皆の希望で少しだけ情報交換に出てもらった。
コータの後ろに高柳のゆる(?)キャラ”こーたん”が居た。

農協のタダラ支店長もオブザーバー参加してくれて、
姫の井2升と肴をちょうだいする。
支店長は「グルグルハウス高柳」の朝食付き岡野町宿泊プラン3000円で
しっかりと飲んでいた。
(俺が途中でコーラが無性に飲みたくなって誰ぞのコップを借りて飲んでたら、
 おい何飲んでいるんだよと突っ込まれ、酒をたっぷり注がれた。)
なぜか2升の酒瓶がほとんど同時に開栓され、だいぶ深く酔った。

 * * *

薄曇りの土曜。
このあたりでは「えんま市が終わるまでに田植えが終れば良い。」という言い方を聞く。
金曜夜でえんま市はおそらく終わったと思われるものの、
「片付けもえんま市のうちだ。まだ片付けているであろう」と踏んで、
土曜の朝仕事に植え直しを粘ったが、あまりはかどらず。
朝食を食べた後、二日酔いが攻めてきて昼までダウン。
草刈り後、夕方から姫の井の酒の館にて古浄瑠璃を見にゆく。
大入りだった。

新潟市や長岡で仕事していた際には、
りゅーとぴあなどに足しげく通って、
演劇やコンサート、落語や能など節操無くいろんなジャンルの舞台を見て暮らしていた。
佐渡に薪能を見にいったりもした。
いまはせいぜい落語をイヤホンで耳に挿して植え直しをするくらいになった。
浄瑠璃もたぶん10年以上ぶりくらいに見た。
よく同僚には指摘されたものだけど、
あらためて我ながら趣味嗜好がおじいちゃんみたいだったのだなと気付かされる。



b0079965_04464895.jpg
昨日日曜。
朝5時にイサオさん家を出て、石黒へ草刈りにゆく。
2時間ほど篤農家たちに内包されながら心地良く汗を流す。

「はじめに体力ありき」だなと思った。
石黒のこの人たちはまず身体、個々の動線がある。
体力でもって、「具体」を先ずする。
それから個々の動線が寄り、集う。
具体の後に、その身体を通った飾り気のない言葉が出されるように感じる。

イサオさんがいつも話すように、
しびれるような「格好いい男」たちなのだ。
60~70を過ぎてから醸し出される滋養が抽出されてくるような、
かっこいい人。かっこいい男。かっこいい農家。

そんなイサオさんも、
「あのー、こんなこと今さら聞いたら怒られるかもしれないんですけど・・・」と
謙虚な枕言葉で矢継早に質問をする様子が、尊敬にあふれていて素晴らしく思った。



b0079965_04464838.jpg





<昇太
いまの時代は
だいたい音源を取らせてくれるので、
それを聞いて覚えることが多いのですが、
本当に落語を教わるには、
昔の「三遍稽古」という稽古の仕方が、
ベストだったと思うんです。
糸井
ほぉー。
昇太
なぜかと言うと、音源を聞いて覚えると
完全にコピーになっちゃうんですよ。
息継ぎのタイミングまで同じになっちゃうから。
糸井
ああそうか。
それはダメですね。
昇太
そうなんです。
落語は、自分の言葉でしゃべった方がいいんです。
だから「三遍稽古」で、
なんとなく覚えるというほうがいい。
誰かが作ったものを、
他人が全く同じようにコピーしても、
おもしろくないんですよね。
実際にモノマネ芸をやってる人も、
完全コピーの人って、いないじゃないですか。
やっぱりデフォルメしているからおもしろいわけで。>







*******************





[PR]
# by 907011 | 2017-06-19 04:59 | Trackback | Comments(0)