山中記

祈念。

昨日。
”さぜん”の裏をラッセルして竹を一本切って、
かややら藁を巻いて、どんど焼き。
山中の七夕」のお願い事も煙になって昇華した。

小さいながらもにぎやかに盛り上がり、小正月行事が終わった。
1時、火入れ。
燃えた竹は公民館側に倒れたので今年は自治会の繁栄ということで利己的解釈。





b0079965_05595203.jpg


なぜか唐突にノンアルコールビール一本で晩酌が済むようになり、
4日半ぶりに酒を呑んだ。

結果、16時ころに仮眠をと布団に入り、目ざめると22時近くだった。
その後、熟睡し切ったのか覚醒してしまい、
夜中の変な時間に「だめだ。」とえいっと起きて薪ストーブ点火の儀をし、
さて表に出るぞ、という今時分になって眠たくなる。
要カフェイン。









*******************












第2回プラチナブロガーコンテスト
「くらし部門に応募します」

[PR]
# by 907011 | 2018-01-15 06:13 | Trackback | Comments(0)

天筆。


うちのアホウ鶏どもは自分が入っていくとまずまっさきに
かんじきや長靴についた雪を食む。

昨日。
鶏小屋のぐるりの雪を片付けて入ると、
鶏の飲み水が見事に氷っていた午前11:00。
きれいなもんだなあと見とれるニンゲンと、
あいかわらず足元の雪を食む鶏。



b0079965_05384268.jpg

理科で習ったことのなかで
(たぶん)唯一、「お~、科学だな。」と印象的だったのが、
ドライアイスのように固体から
そのまま(液体にならずに)もやもやと気体になる「昇華」という言葉だった。
おもしろいことに逆の現象も昇華と言う。
(調べてみたら、最新の学者は「凝結」という表現を使うらしい。)


今朝は「どんど焼き」の準備のため、
早めに家の周りの雪を片付けねば。

小正月行事。
秋田のうちの小さな部落の田んぼで同じように木か竹を立てて、
いろいろ燃やしたのを「てんぴつ」と呼んでいた。
(うちの町あたりでは「部落」という呼び名が
 各町内当たり前のものとして用いられていて、
 大学に入ってはじめて上方の方の出身の
エガミ君
 「部落」っていう言い方は注意した方がええぞと、その何たるかを教わった。)

『なんも大学』で習う点筆。
http://nanmoda.jp/2017/03/790/





***********************














第2回プラチナブロガーコンテスト
「くらし部門に応募します」

[PR]
# by 907011 | 2018-01-14 06:04 | Trackback | Comments(0)

外に出るまで。

4:00。
除雪車が作業に上がってくる。
(概ね10センチ以上の降雪で出動してくれる)

ストーブに火入れの儀をして、
玄関を出て歩いてみると20センチくらいか。
寝ている間に、屋根からの落雪の音もほとんど皆無だったので
想ったよりは夜中は降らなかったようだ。
(俺が屋根に上がるとつついたり痛めたり割ったりで、
 結果、雨漏りして前の家は最後を迎えたため、
 いま暮らす”とわち”の屋根は落雪にしてもらった。)

布団で除雪車が後退するときの音を聴いたり、
黄色いライトの明かりをおぼろげに見るでもなく感じたりすると、
他に例えが浮かばないような安心感と「どれくらい降ったか」という
静かな冬の暮らしの時間を感じる。


b0079965_06261400.jpg

がんばれ受験生、と
谷根のtanneさんのブログを見て、
リンク先のカロリーメイトの長編CM動画にも見入った。

今はどういう試験スタイルになっているのかわからないけど、
秋田では秋田大学しかセンター試験会場がなかったので、
田舎の我らはビッグシティ秋田市内のホテルに前泊した。

修学旅行以上に皆、変なテンションでお上りした我らは
「どちらかというとただ浮かれてる派」が
「どちらかというと慎重になって明日に備える派」よりも圧倒的に多く、
前夜ホテルの夕食というものに騒ぎ、
その後、「どちらかというと慎重になって明日に備える派」の
同級生・アベマサル君の部屋(隣室だった)で、どちらかというと明日には備えさせずに、
仲間数人ベッドなどで夢中で騒いで遊んでいたのを思い出した。
自分も己の性というものがよくわかった。

(ちなみに、アベマサル君は無事に現役で国立大に合格しました。
 めでたしめでたし。)









*******************





第二回プラチナブロガーコンテスト
「くらし部門に応募します」


[PR]
# by 907011 | 2018-01-13 07:05 | Trackback | Comments(0)