山中記

それぞれ。


b0079965_05364460.jpg


花の金曜日の昼下がり。
災害箇所の草刈りを急きょする運びになって、
山中土木部の親方・ヒコスケさんとやろうと思いきや、
この日は山中ゲートボール部の部活動中だったので、
グランドから見下ろした山側のふもとに居たミチヒロさまを頼み、2人で刈る。

オクサ下の農道はだいぶ下までえぐられていて、道が浮いていた。

b0079965_05365277.jpg

見るとやるとは大違いで、
4地点を刈ったうちの最後、”カン畑”の箇所は思っていた以上にでかかった。
「測量をするので崩れたところがよく見えるように刈っておいてほしい」
と言われたので、足場のないところばかりだったけど、
そもそも測量の勝手がよくわからないため、手の抜きようもわからないので、
素直に徹底的に草を刈る。
それにしても猛烈に暑く、腕の汗が滝のようだった。

行政と村田組さまの迅速な対応によって、まず農道をすぐに通してもらえて助かった。
(「応急」として、秋の稲刈り後に本復旧を控える箇所もある。)
ある夜、高柳町事務所に呼ばれてそれぞれの箇所の対応方法の内訳を説明してもらい、
まったく無知であった自分ははじめて災害対応の何たるかを勉強させてもらった。

今回は行政が管轄する県道市道以外の農道の方が被害が大きかった。
(他県の災害に比べればまったく大きいうちにも入らない規模ですが)
災害復旧というので市から機械借上げ費用の75%を補助してもらえるということで、
山中区の負担は残り25%だった。

その時点で27万円の負担額がかかるというのがほぼ確定していたので、
臨時の役員会を開いて説明をして、
農業に係る交付金で支払いましょうという方向にまとまり、
どぶろくと長野の地酒などを飲んでから解散。

不肖ワタシが区長になってからというもの、この役員会の召集が激減した。
今年は春に一度集まったきり、雨の被害がなければ冬までやらなかったかもしれない。
理由はいくつかあれど、
俺が会議嫌いだからというところに依る部分が大きかったりもする。
若手であるところの自分が夜集まるのがすごく億劫に感じるので、
まして年輩の方々はなおさらである、と古文文法のように思うし、
実際集めるのはけっこう大変である。

最近、町単位の会議であまりに似た顔ぶれが集められることが多く感じられ、
「もっと選択と集中をできないものか?」とやや苦言を呈するようになってきた。

区の役員会などはひじょうに具体的に、必要に応じてやれる。

 * * *

土曜日。
日中、草刈の最中に頭痛を覚えるほど猛烈にこの日も暑かった。
夕方早めに切り上げた。
夜やや寝不足傾向にあるので悪循環だ。
もっと入念に”シエスタ”をてこ入れせねばと雨の昨日は本を読んだりなどした。
中島らもさんの『僕にはわからない』という本がじつに面白い。

そうこうしている間に、
故郷・大いなる秋田が豪雨で大変なことになっている。
(うちにテレビがないからか、むしろよその人から「秋田大丈夫?」
 と心配の連絡などをもらいましたが、とりあえず実家あたりは無事でした。)






********************



[PR]
# by 907011 | 2017-07-24 06:32 | Trackback | Comments(0)

谷神。

b0079965_04495787.jpg


毎年懲りずに同じことばっかりして恐縮ですが、
草刈り中、時に頭痛を覚えるほどに暑過ぎて嫌気がさしたとき、
ワタシは”ディープ山中”にバイクを走らせる。
旧道に上がり、十日町との接点である仙田トンネルの手前で、
我が最奥のツキヨメ田んぼを上からこうして俯瞰して、しみじみする。

写真真ん中の色濃いところが、
もうすぐ出穂(×でほ○しゅっすい)するこしいぶき田んぼ。
カモシカにかじられ悶絶中のかわいげな田。

さらに、その下に白く二枚挟まっているのが、田直しをして植え付けなかった田んぼ。
山からの出水(×しゅっすい○でみず)に悩まされて、
排水に苦心し、稲刈りで骨と心が折れて、今春に重機を入れて改善。
去年は倒伏防止策としてこしいぶきをつくったけど、
あまりの米価の安さに降参して、来春から再びコシヒカリに復刻するというH30年産米計画。

田直し二枚の下に続くのが現在のコシヒカリ田の始まり。

b0079965_04495789.jpg

上の写真と同じところで肉眼で見る(?)とこのような構図。
(カメラを一番ズームして撮ったら上の写真になった)

ディープ山中の一つであり、自分のホーム・ツキヨメ沢田んぼ。
ほとんど毎日ですが、携帯電話にかけても圏外になる時などはおそらく、
ワタシはここ(ちょうど写真のど真ん中あたり)に居ります。

谷と水。
「谷間の神」が万物を生み出すと老子は言った。
母性を大切にして、谷をその母性のシンボルとして表現した。
一方で、孔子は山を愛した。

 * * *

<谷神不死是謂玄牝
 玄牝之門是謂天地
 根綿綿若存用之不
 勤里人識是言不識

老子に言う。
谷神(こくしん)は死せず。その力を玄牝(げんぴん)なる妙という。
玄牝なる母性(生成力)とは、万物の根源である。
それは尽きることなく湧き出て終わることが無い。
里びとはそのことわりを知らず知っているのだ。
(『かみえちごてぬぐいの漢字文の意味について』より)>



谷神にも(たまにため息をつかれつつも)見守られながら、
我らの米はこうしてつくられる。







**********************



[PR]
# by 907011 | 2017-07-23 05:25 | Trackback | Comments(0)

グーテーはヨースイを食べる。

連日、”シエスタ”後の寝起きがひじょうに良くない。
それでも何とか起きてバイクにまたがってフラフラと坂道を降りてゆく。

そんな眼が半開きのおととい昼下がり、
山中の名所・ザリガニ池の上で「グーテー」に会った。
尻だけ見えたのでイノシシかと思った。

午後は惰性で動いてますが、
夏の早朝の山の中というのはじつに心地良くて(日中熱い分なおさらなのか)、
たいへんよく集中できて、仕事もはかどる。

昨朝。
こしいぶきの田の草刈りを進めていたら、
畦に3つくらい稲が株ごと上っていた。
瞬時に状況が飲みこめず、何かのいたずらにしか思えなかったが、
場所がら、自分と”さんしょのオチョさん”以外には、
人が通るようなところでもなく、頭が「?」と成る。

b0079965_05332295.jpg
さらに進むとなおも引っこ抜かれて畦に上げられていた。
傍らににちゃにちゃ噛んで、ぺっと捨てられた稲の幼穂(ようすい)があった。



b0079965_05332294.jpg



この夏、やたらとカモシカが田の中を歩き回っていて、
その都度、動線にある稲を踏み潰していくので
アオサギよりもたちが悪くて、ちょっと困っていた。

けどまあ稲を踏んで横断するくらいはどうにも仕方ないかと思っていたら、
カモシカは稲を食べるのでした。

b0079965_05332244.jpg





**********************




[PR]
# by 907011 | 2017-07-22 04:25 | Trackback | Comments(0)