山中記

分断。

b0079965_89580.jpg

田植えにけりをつけよう!と言いつつも、
「雨降りになったらやります。」と先送りしてきた会計書類づくりを昨日した。
家だとすぐ違うことをしだしたり、新たな書類が刺客として攻めてくるので、公民館へこもる。
電話の用事も別途あれこれと重なり、終わると夕方だった。

公民館の机からは山中のメインストリートがのぞめる。
たまーに車が通ると、「お、ハザマ君今日も頑張っているねえ」と静かな監視員のように顔を上げる。

b0079965_89232.jpg

月ユメ入口。
毎日の水見、
これがまたうまくいかないときは一カ所の一本の水がどうにもこうにも止まったまま出てくれなくて、
一時間かけて上ったり下りたりを繰り返した挙げ句、
一時間前と状況まったく変わらず途方に暮れるなんて日もある。あるある。

しかし、2時間と同じ仕事ができないような日々が
4月以降ほんとうに多く続いていて、なかなかに参った。
この二カ月間の私については、「分断」という言葉が実にしっくり当てはまる。
分断される時間や身体。

b0079965_893533.jpg

冬にケモノに襲われて以来、家の使わぬ二階に避難させていた鶏たちの小屋づくり。
義父さんがだいぶ段取りしてくれ、
”とわち”の空いた小屋にあった材を掻き集めてこれもゆっくりと分断されながら進行中。
昨日は戸がついた。あと少し。

b0079965_894483.jpg

夕方、会計の”まごすけ”に書類を出しに行く。
蛇に巣ごと襲われ一羽だけ保護されたスズメのヒナがいた。

終日かかってやっと出せた書類は実は4月のものだったりもする。
お湯をもらい、それを焼酎で分断したものを2杯いただき、
家庭から分断されぬように急ぎ戻り、桑の実を食べ尽くして帰宅。

他の集落では4,5月に行われる通常総会(予算・決算報告など)は未だ、
いつ開けるかも実はまったく決まっていない。
先代マサオさんは田植えが今ピークなのでその後までしばし保留。

6月はより滅多やたらと会議やら研修やらが続く。
他の区長たちは皆「1を聞けば10を知る」賢者のようにす~っと理解している物事が、
俺は自治の基礎どころか、年相応に備えているはずの一般常識を持ち合わせてないので、
ずいぶんと一つのことに時間がかかり過ぎてしまうし、無駄に消耗する。
(一般常識は思いの外欠如しているなあと最近周りを見て感心すると共に気付くようになった。)
b0079965_8102743.jpg

最後の代かき中。

棚田は一枚一枚が難しく、
それぞれの条件と天候を加味して、観察や仮説や判断が求められる。

たとえば平らにずらりと四角く並んで見通すこと、ができないので、
分断されていて、比較しないから良い。
そういう分断もある。

分断されるのは頭か、俺のこの舌か。
分断されてしまったのは心なのか、自分が出す言葉なのか、
どっちだろうかと考える朝仕事時間。

******************************
[PR]
by 907011 | 2015-06-10 08:34