山中記

秘伝。



 なにがしかの縁でうちに転がり込んできたネコ
 寒くなって以降、
 いつしか夜中に自分の布団に入ってくるようになった。
 同じなにがしかの縁で山中に住むもの同士で体温をシェアする。
 
 昨日。
 所用で柏崎へ。今年初めて街で出た。
 その過程の前後で、3人の人と会い、
 一人ずつ短い時間では会ったけど、
 三者三様にいろんな話をした。
 
 ネコが湯たんぽとなって以降、セラピーされて自分は最近、
 早起きをしてストーブに火入れしたり、
 滞っていたことが回り出すようになってきたのだな、
 などと考えていた今朝。
 「そろそろ布団に入る頃か」と足元の布団上で寝るネコを足で揺さぶると、
 枕元を素通りして隣の子と母の布団へするすると入って行った。

 「素通りされたんだな。」(あいだみつを風に読んでください)と思い、
 それはそれで目が覚めて、ストーブの番をしながら読み物をしに立つと、
 ネコが「未明えさ」をくれと、ついて回る。
 体温シェアのアニマルセラピーは俺の解釈で、
 ネコは自分のことを未明にごそごそと起き上がって放火した後、
 「未明えさをくれるニンゲン」と認識してるらしいことが判明したAM3:30。

  * * *

 血液が通わなくなると手足の末端から痺れていく。
 今日は午前と午後に一つずつ会議があって、
 どちらも、いかにも合併した端っこの村落には厳しいお題目だ。
 (山中は役場に行くバスの午後の便が廃止されることが決まっている。)
 
 現状を捉えた協議も大切だけど、
 「それって合併する前に話し合われてないの??」と
 よそ者の俺ですら首を傾げてしまうような、
 ”なぜ今頃それを話すのだ”と感じてしまう話がままある。
 
 自分はどちらかといえば会議苦手ニンゲン
 (会議好きも多くいてそれはそれで結構だと思う)で、
 「なんだかなあ。」と思いながら、
 ストーブの前で豆をさやから一粒ずつ外していた昨夕。


b0079965_05400242.jpg
「秘伝」。
香り、甘みともに絶妙にうまい。
が、しかし今年は枝豆はほぼ食えず、自家採種したのみ。
来年こそ、一粒万倍に。
ワタシは畑がしたいのだ。






*************************













第2回プラチナブロガーコンテスト
「くらし部門に応募します」


[PR]
by 907011 | 2018-01-18 06:32 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsunagou.exblog.jp/tb/28012613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]