山中記

マジック18。

稲刈り、残りあと18枚。
昨日ははかどり、一服も昼飯も挟まずに突き進む「光速の職人」Iさまをまねて、
さくさくっと進んだ。
その裏で乾燥があがってすらなきゃいけない籾もたっぷり貯まり、雨の日は腰が重い。

一昨日にIオさんに稲刈りオペを頼んで、もう一つ離れた箇所にある、
”せんのうざわ”の6枚を光速刈りしてもらい、
傍らでてこをしながらあの速さのヒントを盗み見た、かのような気分に満たされた。

兼業農家の動き方はよーく見ておくべきだと昨夏頃に思った。
兼業農家の集中力とスピード、
はたまた、天候などがダメな時にダメと白旗をあげる判断の早さなどは、
なるほどと我が膝を叩くほどに、為になるところが多く、取り入れたいと思った。
ひとの膝は叩けないから。
(そんなIサオさまも、先週一回、雨であきらめて散髪の椅子に拘束されてる間に、
 晴れ間に変わり、やきもきしながら山中に戻って刈り始めたら、即雨に降られる、
 ということが一回だけあった。
 翌朝会ったら、頭がすっきり刈られて稲は刈れず。
 でも、ほぼダントツのスピードで刈り終えた。)



b0079965_07243288.jpg


祝・イサオさん稲刈り終了と祝・麦麦さん無事はさがけ完了と、
祝・我が”ふじみや”とりあえず無事という中締め的な昨晩、
麦麦さん宅にていろいろ焼いて一杯いただいた。
雨の今朝、さらに腰が重い。

イノシシ警戒に行かねば。


b0079965_04420855.jpg


3日前。
最後か、少なくとも最後から2番目に刈り終えたいなあというゴール的な田を、
上から眺める。
客観的に見て、というかどう見ても、
これでイノシシが通らない方がおかしいくらいの見事な”三方山囲い”な田。
最奥でだいぶイノシシ一家にさわがれた”さんしょ”が刈り終えて、
わかりやすく、自分の田に一家が下調べ的に近寄っている状態。
刈り進めねば。
あと、わな猟で知恵競べがしたい。



b0079965_04420887.jpg

いい水、入るんです(もしかしたらイノシシ一家も)。
今年はだいぶお天道様にお見舞いされましたが、
あらためて天水ってすごいと思った。

早く刈り終えて、耕作者会議をやらねば。
水のない田んぼの転作と、獣害田んぼの電柵。T&D。
それと、昨朝に兼業農家であるシゲキさんに提案された、ため池づくり実験について。

刈り進めねば。
昨日、ジンギスカン(と山中コシヒカリ)のお店「澤田屋」さんから
「至急米オクレ」の連絡があり、
自分もまだ食べてないけども2袋取り急ぎ嫁に出て、
30年産米のマーケットが本格的に動き出した。

そんな矢先、今朝目が覚めてぼーっとしていたら、
グルグルさんの10袋をエクセルの表に入力し忘れていたことに気づいた。
呆然。
危ない危ない。

 *

顔の知っている相手に手渡せてこそ、張り合いや自分の励みになる。
逆にそれがないと、いくら儲けられたとしても継続はできないと思う。

農山村は農がなくなったら、無くなると感じてながら暮らしている。
もっといい米をつくって、手渡しが続けられる(貧乏)百姓でありたい、と想う。

来年はそばをつくって、無事に収穫できたら、年越しそばを打ちたい。
豆なら冬用のマイ枝豆と味噌
麦なら醤油(友達が上越の主婦たちでつくった話がなんとも面白かった)、麦茶やビールが、
米なら自酒がつくられる。

なるべく小さいものを組み合わせて、暮らしを続けたい。
そういえば、我が家はお寺さんで「清貧」を誓いの言葉にしたのでした。








********************************


[PR]
by 907011 | 2018-09-25 06:21 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsunagou.exblog.jp/tb/28682642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]