人気ブログランキング |

山中記

2019年 03月 20日 ( 1 )

シェケナベイベーだったんすなあ。

b0079965_05014102.jpg
b0079965_05013956.jpg




県庁、残業なし。
俺も目(=視力。目つき?)が悪い家系ですが、
驚くべき、眼鏡と車の多さ哉。
目力は今まで会ったどの方よりも、ダントツに俺の方がゼロです。

でも、我らもう新潟市と無関係なので、
温泉につかって帰ります。

一応仕事というか研修
<①山形・飛島はもう突き抜けておられた。
 そりゃあ粟島から高速船乗って村長・タテオさんもいくわ。

 UIJターンの2,30代ズ3,4人で数年前にえいっとつくった合同会社が
 4月には10人⇒13人に3人増で新卒採用するそうです。
 リミットを「20年後、島民が途絶える」とレッドデータ化し、
 それまでに200人規模の島民をつくりなおすというような
 坂本龍馬(と下記のイトー先生が、司馬遼太郎の『街道をゆく』を諳んじて、
 重ね見ておりました。「合同会社飛島は海援隊である」、とも)が
 もしデザイン、設計のできる移住者だったら、というお話しでした。
 第二部で壇上に居るのに、山口からの飛島移住若者30歳の一言一言に揺さぶられて、
 新大名誉教授T・イトー先生も、荻ノ島集落のトシオさん
 (昨昼帰りの高速のPAに居たら、「地域でできる人が協力し合おう」と熱いご連絡をいだたいた)
 も笑いながら必死にメモとるわ。
 飛島から日本を洗濯し候。

 ②4月から2年間、「忍ぶ高柳町事務所」のシンボルとも
 隣でお話しさせていただき良かったっす。
 宮のタレで肉臭っくて恐縮でした。
 フセさんも居たし
 (風の便りに聞けば、農政課中山間地直払い担当からなぜか国保へ異動されるとのこと。)
 
 ③つくづく、タイ茶漬けシティセールスはずれてるなあと感じた。
 「海のまち」を前面に出してセールスしたいんなら、
 魚も米もせめて生(き)のままがいいのになあ、
 などとあいだみつを便所のカレンダー風に思うのでした。>
・・・でしたが、まあそれはそれとして。

「サイコー」な県庁前ナイトでした。




b0079965_05014210.jpg
b0079965_05014498.jpg




ありがとうございました恩人”サっさん”。
もうろれつ回らない前提で、昔の出版社先輩方の呼び方に省略させてもらう夜でした。
飲み屋での小の時間を急かし惜しむ気分を、久しぶりに堪能しました。
信心周りの話が染みてます。
あと、カヌーも。なにせせがれ・ガクですし、うち。

ぼちぼちがんばりまっす、テキトーに。

 *

今日は一族郎党ソロ活動から再編成して、
内野(昨夜の「一杯目」が鶴の友でした)小学校の
保護者会?で「幹事長」なる役(アナタは政治家かなんかか)をしている大学仲間と合流して
恐竜を見てきます。
内野小って保護者だけで800人を超えるそうです、
・・・もうすでにそれは高柳の世帯数より多いよ。
未知世界。

3人出産&育児しながら、新潟の医学部保健学科?で働き、
インド人女性を家に住まわす、
・・・などの長くなりそうな話は省いて、
6月に「一派」で秋田のマタギの湯に集まる話を詰めてきます。
一派のアイコン・エガミ君がアベ内閣府で霞が関に
神奈川から単身赴任で通っては、
国のプロパーは皆、異動が多すぎて誰も無責任かもしれないなどとぼやきながら、
省間の超縦割り仕事押し付け合いのための仕事に憤りを感じておられるみたいで、
そんなんやめて四国に帰れ、
俺も秋田に帰るためにいま”もーぞー”をしているのだという、
3人回覧板メールが最近妙に盛り上がっている。

4月を越せば農家がはじまり秋にハネるまで、
もう右手を左手が差し押さえてでも、山にこもらねば。
みうらじゅんさんの言う「自分なくしの旅」は、つづく。

では、温泉へ。


一つだけ言えること。
なまこ酢がすっと出せる店、ぜったいサイコー。











************************


by 907011 | 2019-03-20 05:24 | Trackback | Comments(0)