山中記

<   2018年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

同日。

b0079965_05310647.jpg


4月2日。
うちの冬季専用別ルート(”五助”を通る道)の雪が崩れて限界を迎えた一方で、
今年もコツコツと掘る運ぶ割る投げるでスコップ一つ分ずつ隧道のように進み、
なんとか「歩ける道」(”しょうべえ”を通る道)が復活。

家の裏側、一冬かまっていないところには
なおも自分の目線の辺りまで雪が残っていたが、
ひとまず道の上を歩ける。

手帳を見ると奇遇にも1年前とまったく同日だった。
1年間の降雪、積雪量がだいぶ異なったものの、
いっぱい降るなりに雪の質が違うものなのかどうか、
ここ数週間の気温と風で見る見る間に融けた。
車がうちに入るまでもうあと2週間くらいか。

翌冬はどんな雨の降り方になるか雪の降り方になるのか、
一年を経験し歳をとっていっても、
そうなってみないと分からない。

 *

どうも昨冬~春と今冬~春とで気分の波が異なって変移している。
役員会や総会だとか耕作者会議だとかそういった春の催しをやらねば。
会議というものになんとも腰が重く、遅れがち。
中旬までにはそのような会議から村の人たちも解放されて、
それぞれに爆発的な春の悦びを謳歌し合いたいものだ。

新聞(一カ月限定キャンペーン)をとるのは
せめて雪に埋もれている間が良いと早くも気付いたこの頃。

飯の際にラジオでニュースを聞く。
耳で情報を見るようでいてなかなかに新鮮だと思う。
自分はラジオ派が良いなあ。
読めるなら読みたい本を読んでいたい。








*********************


[PR]
by 907011 | 2018-04-05 06:07 | Trackback | Comments(0)