山中記

海への狼煙。

久々に一日何もなかった昨日。
サツマイモを掘り、芋の手を採った。



b0079965_7234947.jpg




隣の黒豆はタヌキにほとんどかじられ、なぎ倒されてしまっていた。
去年タヌキの被害がなかったのをいいことに網張らないでいたら、見事甘かった。
ついでに、コンニャクも去年簡単にできたので楽観していたら、黄色く枯れてしまった。

小豆を刈って干そうかなと下の畑に移動。
黒いさやも少しあるものの、大部分まだ青々しているので延期。
道の反対で木の冬囲いをしていた”しんたく”のじさと少し話す。
「小豆はちょうどいい頃にまくとさやが同じく熟すけど、
 ちょっとでもまく時期が早かったり、肥やしが効いた土だとさやがまちまちになる」らしい。

田に行って畔をどうにか高くしてみようと思っていたものの、
いろいろうまくいかないもんだなあと考えたりするとつい手が止まり、
そのまま焚き火をしながら、黙考。



b0079965_724536.jpg




本日晴天、選挙の日。
高齢率が高い等の事情により、山中にも投票所が設けられているので、
集落センターにて清き一票。


今日は今日で、朝から「狼煙プロジェクト」のお手伝いへ。

風が強くてまっすぐ煙が上がってくれなかったものの、
スキー場に上がって眺める初めて景色だったので面白かった。
火を燃やす行為はいつまでも飽きない。
何なんだろう。とり憑かれる。

b0079965_12275676.jpg


オオカミのフンを干して燃やすと、煙が途切れにくく綺麗に上がり、
それで「狼煙」となったそうだ。

やがて伝達すべき情報が増え、集団の内と外が分けられるにつれて、
狼煙の上げ方も複数化し、煙に意味や意思が加えられた。
狼のフンは「暗号」にも変わった。


b0079965_12282474.jpg


旗のてっぺんの模様は「弁慶縞(べんけいじま)」という越後縮(ちぢみ)の柄の一つ。


魚沼郡(こおり)の内においてどの村でも、
いろいろな種類の縮(ちぢみ)を織っているかというとそうではない。
村によって織る種類に定めがある。
これは昔から地域ごと自然とある種類に熟練しために、
そのほかの種類を織らなくなったからである。

紺の弁慶縞(べんけいじま=2種類の糸を碁盤目のように縞模様としたもの)は、
唯一魚沼ではなく刈羽郡(かりわこおり)の高柳郷(たかやなぎごう)に限った産物である。
(鈴木牧之『北越雪譜』の訳・紹介ページから)



狼煙を上げて、これからちょっと海まで
[PR]
# by 907011 | 2012-10-21 08:40 | Trackback | Comments(3)

売れ残り。

蟋蟀在戸。
きりぎりす とに あり。
『万葉集』では、鳴く虫をすべて「蟋蟀」と表していたらしい。

俯瞰してだいたいを見定めるまとめ方にもあこがれれば、
一方で、つぶさに一つずつを眺め観察する姿にも心惹かれる。
三十六を過ぎても惑い続けるばかり。

b0079965_7412669.jpg



「自分の内側にあの人が居らんとなあ」と、ときどき思い出す人がいる。

じいさんが傘が売れずに、帰り道にお地蔵さんの頭へ傘をかぶして帰った夜、
「それは良いことをしましたね」と、じいさんを褒めたという『笠地蔵』のばあさん。


子どもの頃に何度か耳にしただけなのに、
たまに思い出しては、「はっ!」と感動する。


本日は二度目の期日前投票立ち合いへ。
「優劣」と違う価値観を持てる時間帯が、少しずつ増やせるといいなあと思います。


++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
# by 907011 | 2012-10-19 07:51 | Trackback | Comments(0)